2019東京新聞杯の回顧です。
※馬券はハズレ

予想はコチラ

買い方で欲をかきました。
素直に基準買い目にしておけばワイド・3連複取れてたのに。。。

先行総崩れ。

昨年の富士Sと前半タイムは似ており、
昨年の富士Sほど後半6F目に速くなることもなかったですが
ロジクライの足が上がっています。

また、外を回した馬も足が上がっていたことから
オーバーペースだったことがうかがえます。

オーバーペースで全頭クタクタになる展開で
唯一内で足を溜められた差し馬で決着しています。

ラップタイムを見てみましょう。
赤線が本年の東京新聞杯です。

比較用にマイルCSと安田記念、東京新聞杯の10年平均
加えて2018年富士Sを入れています。

東京新聞杯

2018年富士Sのほうが6F目にグッと加速していますが
先行馬のエアスピネルも残ったレース。

昨年とは馬場が違い、時計が出ずらいことから
同じ時計でもタフさが違ったのでしょう。

次走ねらい目の馬、注意したい馬

①サトノアレス
②インディチャンプ
⑥レッドオルガ

上記3頭だけがゴールまでしっかり伸びました。
内枠の利も大きいですが素直に評価します。

ラップタイムを見るに今年の東京新聞杯は超ハイレベル。

安田記念ラップ平均とほぼ一致するため
この3頭は安田記念で印必須です。

加えて中距離路線の馬を入れればOKではないでしょうか。

今年も安田記念は耐久戦になるとみています。
3頭とも内枠(特に1~2枠)を引けるかが大きなポイントになりそうです。

以上。