上がり3F競馬予想

競馬の重要ファクター「上がり3F」の適性を切り口にしたブログです。

2018シリウスS回顧です。ブログ立ち上げ初予想から失敗しました。予想記事でHot zone を36.0~37.1としましたが、土砂降り天気予想ですので、それよりも1秒程度速いところで適正を考えなければならないところでした。ウェスタールンドは7人気でしたが、大本命にできた ...

9月30日(日)に行われるスプリンターズステークス2018の予想です。G1なのでちょっと長めの解説です。まず過去10年の3着内馬の上がり3Fタイムをヒストグラムで解析すると下図になります。大体上がり33.9~34.3ぐらいで決着する確率が最も高いです。Hot zone はちょっと広げて33 ...

9月29日(土)に行われるシリウスステークス2018の予想です。◎クインズサターン パイロ産駒は阪神ダートはあまりよくないですが、アンタレスSでも3着しており、速いダートに適正が高いため本命とします。〇グレイトパール 内に包まれて自身の勝負所で動けないと脆いですが、 ...

前回の記事では上がり3F適正をうまく使えたケースを紹介しました。今回は判断に困るケース・外れるケースその1を紹介します。取り上げるのは2017年の有馬記念。まずは2016~2007の上位3着内馬の上がり3Fタイムヒストグラムをご覧ください。宝塚記念は適正幅が0.8秒(34.8 ...

【上がり3F】とは「そのレースのラスト600mのタイムのこと」FはハロンでJRA競馬用語辞典によると語源は下記になります。ハロンというのは和製英語で、正しくはファロング(furlong)。明治初期には英国の尺間法が使われていた。1ハロンは約200メートル、1マイル ...

初めまして。ヒデハヤビワと申します。競馬歴10年。芝の重賞競馬ばかりやっています。自分の周りに競馬予想を言いふらし、ちょこちょこ先輩の度肝を抜いているのですが、その予想の要になっている【上がり3F適正】を周りに言ったところ『コレいいやん』と言われたので公表 ...

↑このページのトップヘ